今日中にキャッシングをしたい場合は即日融資

即日融資は消費者金融でも銀行カードローンでも利用することは可能です。しかし、土曜日や日曜に、夜間などにどうしてもお金が必要になることもあるでしょう。

 

そのような場合は、銀行カードローンを利用するよりも、消費者金融を利用することをオススメします。

 

最短時間で借入れできるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

ネットを使えば最短30分で即日融資

消費者金融の最大のメリットは審査に通りやすく、審査スピードが早いことです。特にアコムやプロミス、モビットなどは最短30分と謳っており、ネットと併用すればほぼ確実30分で審査結果を受け取ることができます。

 

振込までの手続きを含めればさすがに1時間程度はかかってしまいますが、それでもかなりスピーディな方でしょう。

 

休みの日でも大丈夫

また、土日祝日にも営業していることも嬉しい利点です。しかも、休みの日だから利用時間が短縮していたり、審査に時間がかかってしまうようなデメリットは一切ありません。平日の利用と全く同じ感覚で利用することが可能です。

 

さらに審査回答は21時まで出していますので、審査終了から手続きまでに1時間と考えれば、20時までに申し込みをしていれば、即日融資を受けることができると考えられます。その場合は自動契約機を利用し、ATMでの現金受け取りになりますが、それでも夜間にお金が借りられるというのは急を要するときにも対応できるので、大変嬉しいですね。

 

年末年始にも元旦以外は営業している

さらにさらに、消費者金融には営業日は元旦以外は営業しています。ですので、年末年始にお金が入用になった場合などは、すぐにでもお金を借入することが可能です。

 

即日キャッシングをする際に注意する点

夜間でも土日でも、元旦以外ならばいつでも借入可能な消費者金融ですが、何に差し置いても、利用するためにはきちんと審査に通過する必要があります。もちろん、消費者金融は審査に通過しやすいので、普通の生活を送っていれば、そう簡単に審査に落とされることはありません。

 

けれども、これまでに借金を利用したことがないという人であっても、審査に落ちてしまう理由が一つだけ考えられます。それは、在籍確認に失敗していしまった、という理由です。どうして在籍確認に失敗するのか。失敗するケースでももっともポピュラーなものは、土日や夜間の借り入れのために、誰もいない職場に在籍確認の電話が掛かってしまい、在籍確認ができなかった、というケースです。急にお金が必要になった時はついついそのことを忘れてしまいがちですので、うっかり職場に誰もいないことを失念してしまう訳です。ですが、うっかりでは済まされませんね。

 

在籍確認の電話は回避する必要がある

先ほどのようなケースは、在籍確認の方法が電話だから起こったことです。もちろん、在籍確認を行う手段として電話を使うのが一般的です。ですが、消費者金融にも銀行カードローンの中にも、在籍確認を別の手段で行ってくれる企業があります。

 

消費者金融はモビット、プロミス、銀行カードローンならば楽天銀行か東京三菱UFJ銀行です。消費者金融の場合はきちんとした手順を踏めばほぼ確実ですが、銀行カードローンの場合はそのようなケースが過去にあった体験談がある程度ですので、確実に土日や夜間に即日融資を受けるのならば、モビットかプロミスを利用しましょう。

 

在籍確認の電話を無くすための手順

まず、始めから準備が必要なのがモビットです。モビットの場合は在籍確認の電話を無くすための条件として、三井住友銀行か、東京三菱UFJ銀行のどちらかの銀行口座があることが条件となっています。これらが用意できないのであれば、必然的にプロミスを利用することになるでしょう。

 

プロミスの場合ですと、口頭で別の手段で在籍確認を行いたいと伝える必要があります。電話や自動契約機を使えばいいだけですので、こちらはかなり楽ですし、事前に準備をする必要は全くありません。そして、その在籍確認の方法は、モビットでもプロミスでも給与明細か会社の保険証を提示することになります。それさえクリアできれば簡単に在籍確認の電話はなくすことができるのです。

 

また、モビットの場合は土日祝日に申し込みを行うのにぴったりなWEB完結という制度があります。この制度は申し込みから借入までを完全にネットだけで行うことができるので、家から一歩も出ないで即日融資を受けることができるのです。もちろん、この場合でも在籍確認を無くすための条件を満たしていれば、在籍確認は無くなります。そもそも、指定した口座があることがWEB完結の条件ですから、自然に満たしていることでしょう。

キャッシングは最短何時間で可能?

 

今すぐキャッシングしたい場合、大手の消費者金融なら約1時間で借り入れが可能です。審査の時間が最短30分の消費者金融なら、書類の記入や審査が終わったあとの説明などを含めて、約1時間あれば大丈夫です。

 

銀行のカードローンの場合でも、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など審査が最短30分の銀行もありますが、基本的に銀行の場合は借り入れを行えるまで、早くても2、3時間は掛かると考えてください。

 

消費者金融なら最短1時間でキャッシング!

大手の消費者金融であれば、最短で1時間あればキャッシングを行うことができます。この大手の消費者金融とは、現在プロミス、アコム、アイフル、そしてモビットの4社を指すことが多いです。

 

その他にも審査が最短30分の消費者金融であれば、1時間でキャッシングが可能な場合があります。

 

銀行のカードローンは最短でも数時間は掛かります

消費者金融では最短で1時間でキャッシングが可能ですが、銀行の場合は数時間はみておいてください。ですが上にも書いたように審査が最短30分の銀行であれば、2、3時間で借り入れを行えることがあります。具体的には三菱東京UFJ銀行のカードローンは、大手の消費者金融と変わらないくらいのスピードで審査結果が出ることがあります。

 

最短で申し込みから約1時間で借り入れを行える可能性があります。この審査の早さは、提携している大手の消費者金融の審査システムのノウハウを利用しているためで、そういった提携先の消費者金融がある大手の銀行ならではだといえます。

 

また三井住友銀行でも審査が最短で30分で終わることがあり、三菱東京UFJ銀行と同様に1、2時間で借り入れを行えることがあります。この三井住友銀行もまた、大手の消費者金融と提携しているのがその理由です。

 

三菱東京UFJ銀行の方がおすすめです

銀行のカードローンの中では比較的早く借り入れを行える可能性が高い、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行ですが、どちらかといえば三菱東京UFJ銀行の方がおすすめだといえます。それは三菱東京UFJ銀行の方が多少ですが、審査が甘めだという点です。また三菱東京UFJ銀行では自分に収入のない専業主婦への貸し出しも行っています。この専業主婦への貸し出しは三井住友銀行では行っていません。

 

また三井住友銀行では審査時に必ず職場への電話で在籍確認を行いますが、三菱東京UFJ銀行では行わないことがあります。このような点でも貸し出しに対して積極的だといえるかも知れません。審査時間は同様でも、三菱東京UFJ銀行の方が審査を通過しやすいといえるため、銀行のカードローンで最短の借り入れを行いたい場合は三菱東京UFJ銀行を利用した方がいいでしょう。

 

まず審査に通らないことには借り入れは行えません。銀行の審査は消費者金融と比べた場合、厳しい傾向がありますが、三菱東京UFJ銀行は少しは甘い方だと考えることができます。

 

審査時間が長く掛かる場合は何時間?

審査に時間が掛かってしまう場合でも、消費者金融では3時間もあれば終わります。これは申し込みをした人の状況次第のところがあります。

 

現在全く他社からの借り入れを行っていない、過去に返済のトラブルを起こしたこともないといった人の場合はそう時間は掛かりませんが、逆に条件面で厳しいと思われる人は時間が掛かることが多いです。逆に更に条件の悪い人の場合はあっという間に落とされてしまう可能性がありますが、それではいくら審査時間が短くても借り入れは行えません。

 

審査時間を左右する信用情報とは?

上にも書きましたが、この信用情報とは申し込みをした人の現在の借り入れ状況やそれまでの返済状況、そして過去に返済のトラブルを起こしたようなことはないか、また債務整理を行ってブラック入りしている場合など、その人のキャッシングやクレジットカード、またその他のローンの利用記録です。

 

これはそれぞれ加盟している信用機関から提供されるもので、この信用情報と収入面、また現在の勤務先への勤続期間などの色々な情報を総合して審査を行っています。信用情報に問題があると、審査に時間が掛かることが多いです。この人に貸しても大丈夫だろうかと慎重に判断しているためです。特に何も問題が見られない場合は早く終わります。

 

銀行では遅いと数日掛かることがあります

銀行のカードローンの場合、その日のうちに審査が終わらないこともよくあります。これは基本的に消費者金融より慎重に審査を行っているためです。信用情報に問題がない場合は比較的早く終わりますが、何か問題だと思われる点があった場合は消費者金融以上に厳しく見られると考えてください。

 

希望額が高額の場合は尚更です。銀行のカードローンでは消費者金融より高額の借り入れを行うことができますが、その額が数百万円のような高額の場合、まずその日のうちに審査は終わりません。どの銀行でも数日は掛かると思ってください。

 

ですが今すぐキャッシングをしたい人がそんな高額の申し込むを行うとは考えにくい点と、例え個人で事業を行っていてそれに使う場合でも、そのような大金が今すぐ必要ではその事業自体が危ないといえます。よって、このケースは考えなくてもよさそうです。

 

このように最短でキャッシングを行いたい場合、大手の消費者金融をおすすめします。もちろん信用情報などの条件次第ですが、最短で約1時間あれば借り入れを行えます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日