実際に借りている金額と上限金額は同じと判断されます。

消費者金融でキャッシングを行なおうとする場合、最低いくらのキャッシングでなければならないといったものはありません。そして、これに関しては、時々30万円という話も聞かれますが、キャッシングの審査によって設定される最も少ない金額は10万円というケースが多くなっています。

 

これは、仮に利用者に5万円といった少ない金額をキャッシングしてもらったとしても、消費者金融ではそこで働いている人の給料も支払う必要があり、その金額では利益が出ないからです。したがって、一応利用者側でキャッシングの金額を選べるとはいうものの、上限金額に関しては最も少ない金額でも10万円に設定されるケースが大半を占めることになっており、「消費者金融は10万円からキャッシングできるもの」と思っていただいてよいでしょう。

 

絶対上限金額まではキャッシングしなければいかないのか?

上記で消費者金融においては上限金額は最も少ない場合で10万円というお話をしましたが、絶対借りなければいけない金額というわけではなく、それよりも少なくても問題ないです。ですから、6万円で十分足りるから6万円しかキャッシングしなくても何ら問題ありません。

 

ただ、気を付けたいのは、上限金額が10万円となっている場合、たとえ6万円しかキャッシングしていなくても、審査では他社から10万円をキャッシングしていると判断されることです。これはキャッシング金額が0円であっても同様にそうなります。

 

消費者金融会社は、キャッシングが可能であることとキャッシングしていることを同等と判断します

キャッシングが可能である状態をキャッシング会社においては、これをキャッシングしていると判断します。このことによって、例えばクレジットカードの審査を受けた際に、全くキャッシングは行っていないのにも関わらず、審査で不合格となるということが起きてくるのです。

 

大方の消費者金融では初めての場合、上限金額は10万円から50万円に設定される

消費者金融の利用が初めてといった場合、大方の消費者金融で、上限金額を10万円から50万円に設定すると言われています。ですから、初めてのかたが100万円という上限金額でお申し込みしたとしても審査ではまず合格することはないです。

 

そして、消費者金融では利用者の就業形態によって、上限金額を定めることが多いとされていて、例えば学生のかた、アルバイト(フリーター)をされているかたは10万円、正社員として勤務されているかたは30万円、正社員でも勤務期間が長い場合や1年間の収入が多いかたは50万円といった具合です。

 

ただ、これにつきましては、必ずそうなるとは限らないので、あまり鵜呑みにはしないでください。ちなみに、現在の上限金額では足りなくなり、上限金額を増やしたい場合は、ある程度のキャッシングを行い、それをきちんと返済していくことで上限院額を挙げることが可能となっています。

 

消費者金融における最も少ないキャッシング金額が30万円ということを耳にする理由とは?

最初にもお話ししましたが、消費者金融では最低でも30万円をキャッシングしなければいけないという話をよく耳にします。

 

では、この30万円がどこから来ているのかということを考えると、上記で示した10万円から50万円の間の数字を挙げたものと考えることができそうです。

 

上限金額が10万円というのは、それほど信頼されていないことを示す

上限金額を10万円というのは、キャッシング会社の間においては最も信頼されていないことを示しているので、正社員として勤務されているかた、公務員のかたがこのような金額になることはあり得ないといえます。

 

それとは別に50万円といった上限金額を設定されるにはそれなりの信用が必要ですので、最初から50万円になることはまずないでしょう。このようなことからも、消費者金融においては、最も少ない上限金額が30万円といわれると考えられます。

 

100万円以下であれば、どの金額でも金利は同じ

キャッシング会社でキャッシングする場合、大きな金額をキャッシングするにつれ金利が低くなるという決まり事のようなものがあり、そのため、どうせキャッシングするなら、10万円ではなく50万円としてお申し込みしたほうがよい、という話が時々聞かれます。

 

上限金額を大きくしてお申し込みしたほうがよいという考えは誤っています

上限金額は大きくしたほうがよいというのは誤っており、それは、消費者金融においては、100万円を超える金額でなければ金利に変化がないためです。また、このキャッシングの金額による金利というものは、銀行でキャッシングする場合とは異なり、多くの消費者金融で公にされていませんが、公になっているアコムのキャッシングを利用する場合は、100万円以下だと1年で18%という金利になっています。

 

大手のアコムでこの数字ということは他の消費者金融においてもほぼ同じものだと判断してよいでしょう。ただ、何度もいうようにキャッシング金額別の金利は公になっていませんので、もしかすると100万円までいかなくても金利は低くなるかもしれません。しかし、その金額が50万円ということは考えにくく、金利が低くなるのは80万円ぐらいまでいかないとそういった話にはならないかと思われます。

 

上限金額は少なめにしてお申し込みしたほうがよい

キャッシングを行う際の審査に関しては、上限金額を少なめにすることで審査では合格しやすいとされていますが、なかにはこれに反対意見を唱える人も存在します。

 

確かにこれだけで合否が決まるわけではなく、会社や銀行、もちろん申し込みをする人の属性などによっても変わってくるものですが、一般的には上限金額は少ないほうがよいと言われていますので、そう考えても間違いではないでしょう。

 

銀行のキャッシングの審査で在籍確認を避けることができる?

銀行のキャッシングの審査では勤め先に電話をかける在籍確認は必ず行われるものですが、これには例外があり、キャッシング金額が少ない場合は、在籍確認を行わずともキャッシングができたという話が聞かれます。単なる噂話であるとはいえ、その数が少なくないことから真実である可能性も否定できません。

 

例えば、1年で600万円の収入があるかたが、30万円をキャッシングしたとしても、それを返済できる可能性が極めて高い場合には少しぐらいなら審査の一部をなくしても問題ないといえます。また、そうすることによって、審査に要する時間も短縮でき、利用者側としても時間がかかることなく、お金を受け取れるようになるのです。

 

少しオーバーかもしれませんが、これは、私たちが有意義な生活を送れるようにしてもらっていると見ることができます。以上のことから、上限金額を少なくすることで在籍確認を省略できる可能性もあるといったことが分かり、上限金額と審査の合格のしやすさには何らかの関係はありそうです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日