利用シーンに応じて、カードローン会社を選択することが重要

主婦がキャッシングを利用する際、どのキャッシング会社を利用すればよいのか迷うことになりますが、主婦がキャッシング会社を選択する場合には、利用者の状況に応じて選択する必要があります。

 

収入の有無、借入金が必要となるスピード、あるいは低金利で利用する必要性など、それぞれのニーズに応じて選択すべきキャッシング会社は異なってきます。そこでキャッシグ会社の選択においては、利用するシーンに合わせて選択するのが大切となるのです。

 

主婦におすすめなカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

収入の有無によって、利用できる選択肢は変わる

主婦がキャッシングの利用するを希望する場合、収入の有無によって選択肢は変わってきます。主婦がパートやアルバイトをして定期収入がある場合と、家事に専念していて収入がない専業主婦の場合で、利用できるキャッシング会社が変わってくるのです。。

 

無収入の専業主婦の場合、総量規制の関係で消費者金融を利用することができず、利用できるのは銀行カードローンに限られてしまいます。他方、定期収入を確保している主婦の場合には消費者金融と銀行カードローンの両方の利用が可能となります。

 

また信販系のカードローンの利用も可能ですが、信販系カードローンは審査が遅く金利が高い傾向にあり、利用するメリットが乏しいことから、ここでの選択肢からは外れます。ここではまず、定期収入のある主婦を前提に、どのようにキャッシング会社を選択すべきか検討したいと思います。

 

即日融資を希望するなら消費者金融

定期収入のある主婦は消費者金融を利用できます。消費者金融各社は即日融資サービスに力を入れており、銀行カードローンよりも早く借入金を手にすることができます。

 

消費者金融各社における審査や融資までのスピードはほぼ同様です。審査スピードも最短で30分とされており、どこに申し込んでも申込内容に問題さえなければ、その日のうちに借入金を受けることが可能となっています。

 

プロミスの受付時間は1時間長い

夕方や夜間にキャッシングを申込、その日のうちに借入金が必要である場合には、プロミスの利用が選択肢となります。プロミスは大手消費者金融の中で、最も遅い時間帯まで審査の受付をしているからです。他の消費者金融では多くのところが20時までの受付時間となっていますが、プロミスでは21時までの受付となっているのです。

 

また審査回答時間でも他のところが21時までなのに対し、プロミスでは22時までとなっています。プロミスであれば1時間長く受け付けてもらえるため、夜に急な出費が必要となった場合、プロミスに申しこめば間に合う可能性が高くなるのです。

 

低金利で借りたい場合は、無利息サービスの利用か銀行カードローン

プロミス、レイク、それにアコムの3社は「30日間無利息」というサービスを展開しています。この「30日間無利息」サービスは、初回の利用者に限り、借入金に対する利息を0円とするものです。この無利息サービスを利用して30日以内に返済すれば金利を一切払う必要はないため、非常に経済的な選択となります。

 

また借入金を30日以上借入れても、最初の30日分の金利が0円とされるため、実質的に金利負担を軽減させることが可能となります。そこで初めてキャッシングを利用する場合には、この3社の無利息サービスを利用するのが第一の選択肢となるのです。

 

銀行カードローンも選択肢となる

無利息サービスは初めての利用に限られています。そこで二回目からは、通常通りの金利負担を迫られることになります。銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低い傾向があります。キャッシングを希望する金額が多額で、かつ長期間に及ぶ場合には、金利負担が大きくなる可能性があります。そこでそのような場合には、銀行カードローンを選択したほうが金利負担を軽減でき、経済的なメリットを享受できるのです。

 

金利を気にするのであれば、銀行カードローンを選択したほうがメリットが大きくなります。しかし銀行カードローンでは審査が消費者金融よりも厳しく、また融資までの時間も要するため、急な出費には対応できないことを留意しておく必要があります。

 

無収入の専業主婦の唯一の選択肢、銀行カードローン

無収入の専業主婦は消費者金融が利用できないため、銀行カードローンを選択する必要があります。専業主婦が銀行カードローンを利用する際には、夫の同意書が必要となる場合と、必要ない場合があるため、カードローンの利用に際して夫の了解が得られているかによって選択する銀行を変える必要があります。

 

原則として夫の同意書が必要とされる

専業主婦が銀行カードローンを利用する場合、返済の原資となるのは夫の収入です。そこで専業主婦が利用する場合には、夫の同意書が要求されることとなります。この夫の同意書には夫の署名が必要とされるため、キャッシングの利用について事前に夫の了解を得る必要が出てきます。夫の了解が得られない場合には、夫の同意書が求められる銀行カードローンは利用できないのです。

 

夫の同意書が不要な銀行カードローン

しかし銀行の中では、夫の同意書が必要とされない銀行カードローンがあります。三菱東京UFJ銀行、東京スター銀行、横浜銀行、イオン銀行、みずほ銀行、楽天銀行これら6行のカードローンでは夫の同意書が必要とされません。急な出来事に対応するため夫の了解を得る時間がない場合などでは、これら夫の同意書が不要なカードローンを利用することが推奨されます。

 

素早い融資を希望するなら三菱東京UFJ銀行

借入金をなるべく早く入手する必要があるなら、三菱東京UFJ銀行の利用がお勧めとなります。三菱東京UFJ銀行であれば、祝祭日や夜間でも審査に応じてくれ、また借入金の振込先が三菱東京UFJ銀行の口座に限定されていません。

 

さらに三菱東京UFJ銀行であれば、三菱東京UFJの銀行の口座を開設しておく必要がありません。多くの銀行カードローンでは、事前に当該銀行の口座開設が銀行カードローンの利用条件となっており、口座開設までは最短でも3,4日の時間を要してしまいます。

 

しかし口座開設が要求されない三菱東京UFJ銀行のカードローンであれば、必要となったその日のうちに申し込むことが可能であるため、迅速な融資が期待されるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日