配偶者貸付は夫婦の収入を合算して、融資枠を増額させる

結婚している夫婦が融資を受ける場合には、配偶者貸付を利用することができます。配偶者貸付は「夫婦の年収を合算して融資枠を増やす」ことを可能にします。

 

そこで大きな融資限度額を獲得したい時には、検討すべき方法となります。多額な融資を受けると、金利は低くなります。経済性を考慮した場合、夫婦別々で融資を受けるよりも、配偶者貸付を利用したほうがメリットを得られる場合があるのです。

 

主婦におすすめなカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

別々で融資を受けると金利が高くなります。

共働きの夫婦がそれぞれキャッシングを申し込み、それぞれが100万円の融資枠が認められた場合、この夫婦が配偶者貸付を利用すると夫婦で200万円の融資枠が与えられることとなります。

 

ここで配偶者貸付を利用しても、たんに二人の融資枠を合算しただけの融資枠が与えられるに過ぎないので、得られるメリットはないように思われます。しかしキャッシングや借入において、金利は借入金額と反比例の関係にあります。借入金額が大きくなればなるほど金利は低くなり、借入金額が小さくなればなるほど金利は高くなるのです。

 

夫婦が別々に融資を受けるのは、経済的ではない

借入金と金利は反比例の関係にあるため、夫婦が別々に融資を受けているのは経済的ではありません。たとえば夫婦が別々に100万円の融資を受けている場合よりも、夫婦が配偶者貸付で200万円の融資を受けている方が金利を低く抑えられるのです。

 

多重債務を解消するために、複数の借金を借り換えてひとつの借金にまとめることはよくされることですが、夫婦別々に借金を抱えているのはこの多重債務の状態に類似しているのです。ひとつの借金にまとめたほうが、借金総額を大きくできその分金利を低く抑えられるようになります。この配偶者貸付は、おまとめローンや借り換えと同様の経済的効果をもたらすものなのです。

 

配偶者貸付の本質は夫婦の年収を合算することにある

配偶者貸付は専業主婦が融資を受ける際によく利用されるものです。そこで配偶者貸付については「夫の収入」を元手にして融資を受けるものと勘違いされています。

 

しかし配偶者貸付の本質は「夫婦の年収を合算」し、それを元手にして融資を受けることにあります。夫の収入を妻が利用する、というものではありません。

 

配偶者貸付は専業主婦が利用することが多い

このように配偶者貸付は「夫婦の収入を合算」したものを元手とするものですが、実際には専業主婦が多く利用しています。自分に収入がある場合には、自分の収入を元手にした借入が可能となるからです。

 

無収入の専業主婦が配偶者貸付を利用したら、結果として夫の収入を妻が利用している形になります。配偶者貸付について世間で勘違いされているのは、専業主婦が多く利用していることに起因しているのです。

 

配偶者貸付を利用するのに必要な条件

配偶者貸付を利用してカードローンの融資を受けるには、通常のカードローンの手続きと大きな違いはありません。結婚していることを証明する書類と、配偶者貸付の利用について配偶者が認めていることを示す書類が必要とされるのが追加で必要となる手続きとなります。

 

必要とされる書類は、運転免許証のような本人確認書と婚姻関係を示すための住民票、それに配偶者の同意書です。住民票については婚姻関係を示す書類、戸籍謄本や戸籍抄本でも対応可能です。

 

事実婚の場合における配偶者貸付の利用

同棲していて入籍はまだしていない場合、いわゆる事実婚の場合に配偶者貸付を利用できるかについての対応は、金融機関によって異なります。しかし多くの場合で配偶者貸付の利用はできるようになっています。

 

事実婚を証明する書類、「事実婚契約書」や「内縁契約書」などの書類が必要とされます。また住民票の続柄欄に「夫(未届)」「妻(未届)」と書かれている住民票でも対応できます。これら事実婚の証明書と住民票の双方を用意しておくと、より確実に配偶者貸付の利用が可能となります。

 

配偶者貸付の使途について考える必要がある

配偶者貸付を利用すると大きな限度額が与えられますが、その使途についてはきちんと考慮しておく必要があります。借入金の使途によってはおまとめローンを利用したほうが経済的な場合があるからです。すでに多くの借入金を抱え、借金の一本化のために借り換えを検討する場合には多額の資金が必要となります。

 

特に総量規制に抵触するレベルまで借入している場合には、総量規制に抵触せずにお金を用意する必要に迫られます。このような時に配偶者貸付を利用できれば、新たに多額の借入が可能となるため、便利なように思われます。

 

おまとめローンを利用したほうが経済的な場合も

ここで借金の一本化のためのおまとめローンは総量規制の対象外となっています。総量規制の許す限度まで借入金が積み重なっている場合でも、おまとめローンを利用することが可能なのです。仮に借金の一本化のために配偶者貸付を利用するのであれば、おまとめローンの利用を検討すべきです。

 

特にプロミスやアイフル、アコムといった大手消費者金融が展開しているおまとめローンでは、ローン会社が本人に変わり既存の借金の返済を行うようなシステムになっています。配偶者貸付を利用した場合新たな借入金を入手できますが、その借入金を既存の借金の返済に回さず散財してしまう危険性が伴います。おまとめローンであれば、そのように新たな借入金を散財する危険性はないため、確実に借金の一本化が図れるようになるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日