複数社のカードローンの利用は審査に悪影響を与える可能性も

近年は一社だけでなく数社からカードローンを使って融資を受けている方も増えています。しかし、カードローンの利用件数が多すぎると審査に悪影響を及ぼす可能性も高くなります。

 

また、複数社に対して同時にカードローンの申込みをすると審査に通過しづらくなるので、特に注意しなければなりません。

 

同時に複数のカードローンに申し込むと印象が悪くなる

一般的には、カードローンの利用に際して複数社に新規の申し込みを行うことはまずありません。通常は一社に申し込みを行い、審査に落ちてしまった場合に次のカードローン会社を探すからです。

 

同時に複数のカードローンに申し込みをするのは、よほど切羽詰って今すぐまとまったお金を必要とする場合だけでしょう。となるとカードローン会社にとっては返済能力が怪しい人物であると捉えられる為、審査通過は難しくなります。

 

信用がないと融資は受けられない

カードローン会社は誰にでもお金を貸してくれるわけではありません。きちんと返済してくれる人にしか融資は行わないのです。同時に複数のカードローンに申し込む程お金に困窮している消費者は、返済能力が乏しいと思われてしまいます。

 

返済に対する信用がない以上カードローン会社としてはお金を貸すわけにはいきませんので、審査で落とされてしまうというわけです。カードローンの審査では信用が何より大切である為、信用を損なうような同時申し込みは避けましょう。

短期間のうちに連続でカードローンに申し込んだ場合は?

一社のカードローン審査に落ちてしまったら、おそらく多くの人は他のカードローン会社に申し込み直すはずです。そうして審査に通過出来るカードローン会社を探すわけですが、あまり短期間にいくつも連続してカードローンの申し込みを行うと、やはり審査に悪影響が及ぶ可能性は否定できません。

 

連続申し込みは一社までにしよう

一社の審査に落ちて他のカードローン会社に申し込み直すケースは決して珍しくありません。この程度ならごく一般的な利用であると言えるでしょう。

 

しかし二社連続で審査に落ちてしまい、更に三社目に申し込むとなると捉え方も変わってきます。三社連続でカードローンの申し込みをするとよほどお金に困っていると捉えられてしまうので、できれば連続申し込みは二社までにしておきましょう。

 

連続で審査に落ちてしまう人は、そもそも審査基準を満たせていない可能性が高い

二社連続で審査に落とされてしまう方は、そもそも各社の審査基準を満たせていない可能性も高いです。カードローン会社はそれぞれに異なる審査基準を設けていますが、やはり収入の安定性等は全ての会社で求められる条件になっています。

 

二社連続で審査に落ちる方の場合、どこかに何らかのネック要因が存在していると考えることが出来ます。収入が不安定な方は他社の審査でも通過出来ない可能性が高いので、改めて他社のカードローンに申し込んでも無駄になってしまいます。審査通過の可能性が低いと判断したら、カードローン以外の方法でお金を工面した方が無難かもしれません。

 

どうしても複数社からお金を借りたい場合

カードローン以外の方法でのお金の工面が難しい等の理由でどうしても複数社からお金を借りたい場合は、審査が甘いカードローン会社を利用すると良いでしょう。審査が甘いと言っても様々な捉え方がありますが、ここで紹介したいのは、信用情報に頼らず独自の基準で審査を行うカードローン会社です。

 

独自審査を行うカードローン会社とは

一般的なカードローン会社では、個人信用情報を用いて借り入れ審査を行っています。もちろん各社で厳密な審査基準には違いがありますが、信用情報を参考にした上で審査が行われる点は共通しています。ところが、中には信用情報を用いずに独自の基準で審査を行うカードローンも存在しています。

 

収入状況や他社からの融資額などは調べられますが、他のカードローン会社に比べると遥かに審査に通過しやすいのが特徴的です。さすがに自己破産等の経歴を持つ方が審査に通過することは難しいと言わざるを得ませんが、返済遅延等で信用情報がブラックになってしまっている人なら、独自審査のカードローン会社の審査には通過出来る可能性は残されています。

 

ただし金利は高め

独自審査を行っているカードローン会社なら、多少信用情報に傷がある方でも問題なく審査に通過出来る可能性はあります。しかし、こうしたカードローン会社は一般的なカードローン会社に比べると貸付金利が高めになっているのが普通です。

 

近年の大手消費者金融などは金利も低く返済負担を小さく抑えられるようになっていますが、独自審査のカードローン会社では法定金利の上限に近い利率で融資を行っているケースも珍しくありません。金利が高いと返済負担も大きくなるので、どうしても複数社からお金を借りなければならない重大な事情がある場合を除き、出来るだけ独自審査のカードローン会社の利用は避けた方が安心でしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日